蓮の花 お盆ですね

未分類

旧暦の迎え盆です。せっかくなので、近所の蓮池で写真を撮ってきました。

近所にこんなにステキな蓮池があることを毎年この時期になると感謝します。しかし、上手な写真は撮れません。ご存知の通り、蓮の花は朝開いて、午後には閉じてしまいますから、撮影時間も大事です。

 ところで、皆さんもどこかのお寺さんで蓮は仏教のシンボルとか、お釈迦様、仏様の花であると聞いたことありませんか?実際、我が家の先祖の墓も多くが蓮の花があるデザインですし、祖父の法事の時、ご住職のお説教話でも蓮の花について伺いました。思春期に伺った話は、素直には聞けませんでしたが、今でも心に残っているのは不思議ですね。

 泥の中にあっても汚れることなくきれいな花を咲かせる蓮の花。 それと同じように、世の中には辛いこと、いやなことなどいろいろあるが、その中でも、自分を見失わずに清らかな心で、自分らしい花を咲かせない。というようなお話だったと思います。

さらに、蓮の根と書く、レンコンは、ジャガイモと同じく地下茎らしいですが、縁起物としておせち料理にありますよね。輪切りにするといくつも穴があいている、その穴からのぞき見するように「見通しがきくように」という願いを込めて毎年いただきます。このレンコンの穴は、泥の中まで酸素をたくさん送れるように花や葉などにある穴と連結しているそうです。直物の仕組みに感心です。

あと、蓮の花の真ん中にできる蓮の実ですが、残念ながら私は食べたことがありません。とても栄養があり、おいしいそうですから食べてみたいですね。

未分類

Posted by カトラ