我が家は犬派

 我が家の息子たちは各種アレルギーがあり、一年中鼻水をぐしゅぐしゅしているし、小児喘息もあります。鼻炎の反応は夫が一番ひどいので、体質が親子で似てしまったのでしょう。私自身は花粉症もまだないのですが。。。

 夫の実家では猫を室内飼いしているのですが、数時間訪問をするだけで、子どもたちの目は充血しアレルギー反応が出てしまいます。訪問前には念入りに掃除をしてくださるし、猫たちに直接会ったこともありません。しかし、何か残っていて、それに反応するんでしょうね。猫はもちろん、家で生き物を飼うことは無理だと、私も子供たちも考えていました。

 ある日、ホームセンターの一角にあるペットショップで、明らかに売れ残ってプライスダウンされているトイプードル犬がいて、その瞬間、夫がメロメロに。

 そのうえ、トイプードルは毛が抜けないし、ニオイもないのでアレルギーのある人でも大丈夫と言われました。

半日間ホームセンターで悩んだ末、そのトイプードルを家族にすることにしました。そして、それから一年後、また売れ残りのトイプードルと目が合い、弟犬として迎えました。今は6歳と5歳になり楽しく暮らしています。ちなみにこの二匹は、同じ犬種で同じくオスで、同じペットショップで購入しましたが、ブリーダーは別の方たちですし、両親兄弟等の血縁はなく、あかの他人(犬)です。

 二匹は兄弟や夫婦のような仲良しというわけではないけど、かといって仲が悪いわけでもなく、ケンカはしないし、上下関係も作っていないような振る舞い。 二匹を飼うことで教えられることが多いのですが、犬にも個性があります。この犬の話は、おいおい紹介していきたいと思います。

Posted by カトラ