アップルパイが美味しかったから、雪が降る前に買いに行きたい

スピリチュアル

「サンふじ」のリンゴが店頭に並ぶ時期になりました。

姉の嫁ぎ先では義父がそのリンゴも作っていたので、規格外とはいえ美味しいリンゴを毎年いただくことができます。

ただ、その姉の義父も高齢になり、出荷は引退したそうなので、今年はどうなるかわかりません。

焼きたてアップルパイ

日曜の午後、姉から電話で「これから家に来る」と連絡がありました。

友人と「ソバ」を食べた帰りに、行列ができていたお菓子屋さんに寄ってきた。

長野県上田市の隣、青木村には、この村でのみ栽培されるそばがあります。

その名は「タチアカネ」。県オリジナルの品種で比較的新しい品種だそうです。

茎が丈夫で倒れにくいから「タチ」、そばの果皮が茜色になることから「アカネ」という名前が付けられたそう。

毎年この時期にニュースでも取り上げられるのでその話題は知っていましたが、我が家は青木村に行ったことはありません。

姉は上田に住んでいたこともあり、フットワーク軽く出かけていきます。

我が家は毎年、松本城で開催されていた「信州松本そば祭り」で県内外のソバを食べることを楽しみにしていましたが、

コロナ禍のため今年も開催されないようで、残念です。

青木村のタチアカネは甘みもあるお蕎麦でそうで、いつか食べてみたいなぁと思います。

三才山トンネル

青木村から三才山を越えて松本へ帰ってくる道で

最初から予定していたわけではないけれど

鹿教湯温泉の近くのお菓子屋さんに行列が見えたため寄ってきたそうです。

さいとう菓子工房

我が家にはスティック型のアップルパイを買って来てくれました。

店内に入ったら、バターの香りがすごくて、すごい人だった。

タチアカネのソバが目的だったはずが、どうやら予定外のこのお店がとても気に入った様子。

しかも、まだ温かい焼きたてのアップルパイだったので、早速姉も一緒にいただきました。

いやぁ、食べて納得。

姉が用もないのにこれを食べさせたくてわざわざ立ち寄ってくれた気持ちが分かりました。

なんというのか・・・パターの香りがふわっと広がるサックサクの生地としっとり煮られているけどちゃんとシャリシャリするりんごがめちゃめちゃ美味しい。。。

1本、ペロっといけちゃいます。

冷凍でお取り寄せもできるそうですが、

雪が降る前、三才山が通れるうちに買いに行って、もう一度食べたいです。

ほんとにおいしい。

リンゴを煮るときは水分の少ない紅玉などが選ばれますが、こちらのリンゴは「ふじ」だそうです。

「ふじ」を煮てしまうのは贅沢ですが、やはりおいしい。

おいしいものを食べると元気が出ますね。

美味しくてオススメしたいアップルパイの話でした。

スピリチュアル

Posted by カトラ