夏休み明け~不登校の憂鬱

不登校

 長野県の多くの学校では、二学期始業は9月1日よりも早く、8月中から始まります。昨今の酷暑は長野県も同じなので、もしかしたら、今後は夏休みも長くなるかもしれません。

 さて、夏休みが終わる頃、新学期が始まる頃、毎年のように児童生徒の自殺のニュースが報道されます。長野県でもその数は少なくないため、夏休み明けの子どもの自殺予防や、子どもの悩み相談のための電話、チャットの受付は今週、その対応時間の延長をして一人でも多くの子どもを救うべく活動をしているようです。

 我が家も夏休み明けのその日は緊張します。

 実は、次男は1学期の途中から不登校になっています。いわゆる中間教室には登校していましたが、自分の所属するクラスには行けない、行きたくない、行かない状態となっていました。

 中間教室に登校する生徒はそれぞれいろいろな事情で来ているようです。いじめ、居づらさ、なんとなく合わないなど。。。もちろん、中間教室に登校せず、自宅で不登校状態の生徒もそれぞれ事情があるようです。

 次男の場合は、担任と合わないことが原因でした。

 夏休み明けは、状況を変えるきっかけになりやすいよいタイミングだと思うので、次男に聞いてみました。「夏休み明けから教室に行くつもりはない?」と。すると次男も同じように考えたようで、 「どうしようかなぁ。そういう手もあるね。。。」と自然な感じに戻れるかどうかを頭の中でシミュレーションしたようでした。

 しかし、結局「いかないかなぁ。」という回答でした。

 そっか、じゃあ、そういうことで、、、、。

 前夜に緊張して眠れないとか、登校日朝に死にたくなるほど一人で悩むことはしないでよ。人生100年時代、まだまだ先は長い。

 

 次男が不登校になり、遅まきながら、不登校について勉強しました。

 小学生、中学生、あるいは学年によって、不登校になるきっかけというか原因は違うようです。”不登校YouTuberのゆたぽん”は小学生で、その発信力のためかちょっと有名になりました。宿題をすることに疑問を感じたことが理由だそうですが、ある調査によると「人間関係(いじめ、不仲)」や「環境の変化」なども原因としては多いようです。

 実際、次男の通っている中間教室に来ている女子の多くはクラス内、あるいは部活内でのいじめが原因のようでした。

 と原因がわかっても大概は、解決できないんですよね。つまり、環境とか担任とかいじめっ子は、結局のところ何も変わりません。変わってなんてくれません。学校や校長を通していじめっ子やその親と話しあったり、謝らせたりしても、解決しないと思います。

 不登校を始めた、で、次にどうするかを、自分で決めるしかないのです。我慢してあきらめの心境でやり過ごすか、環境を自分で変えるか。

 わかったことは、学校に期待しても無駄、ということ。学校は何もしてくれないので期待をしてはいけません。ただ、中学生の場合、高校受験を控えているため、内申のことを考えると、学校と対立するのは避けたいところです。

 次男は、ちょっと尖ったところがあるため担任と折り合いをつけるとか、妥協することは難しいかなぁ。それでも、世の中なんて思い通りにならない人ばかりだから、今からその練習してもいいとは思うのですが。思春期ゆえに難しいのでしょうか。

 今のところの救いは、他の記事に書いた通り、部活には参加して周囲とうまくやっていることです。教室には登校していなくても、部活参加はOKという考えの顧問で助かっています。

 そして、家での次男は、部屋に閉じこもったりゲームで夜更かししたりということはなく、面白いYouTubeを家族に勧めてみんなで見たり、家の手伝いをしたり家族の役割をしています。時々は深刻な話を私とした後に不機嫌になりますが、心の中では考えていることがわかります。

 子育ての悩みは何歳になっても尽きることはないのでしょう。

不登校

Posted by カトラ