ヘアドネーション

未分類

先日、私が美容院へ白髪染めに行くことは、不要不急だなぁといいましたが、

ここしばらくカットもしないので、美容院は急ぎの要件ではありません。

昨年の3月、長男の中学校卒業式。

保護者席でたまたま私の前に座っている保護者の頭髪が、どう見てもウィッグ。

エクステとか一部に色を差してあるのとは違う。

人工毛というのでしょうか、実際の人の毛とは違う感じです。

しばらくして隣の人と話すその女性の声には聞き覚えが・・・。

小学校の時、子どもたちがよく遊んだ友達のお母さん。

夏から闘病中だった

彼女によると、昨年夏前に乳がんがわかり、手術、抗がん剤と闘病しており、

半年間の病院生活を続け、卒業式だけはと強い希望で出席したそう。

全く知らなかった彼女の苦悩と闘病生活。

彼女自身も家族以外には話さず、一人息子も友人に話すことはしなかった。

一回り以上小さくなった彼女は元気そうに微笑みながら話してくれました。

抗がん剤で髪の毛全部抜けちゃって・・・
人毛は高くて買えなかったけど、人工でも、今はいいウィッグがあって。

頑張り屋さんの彼女は弱音を吐かず過ごした半年以上に及ぶ闘病経過を話してくれたのですが、

その中でもウィッグの存在の大きさを教えてくれました。

一人息子の卒業式だけは絶対に出席したくて頑張ったけど、
髪が抜けたときは私以上に一人息子がショックを受けていた。
だから、バンダナとか帽子も考えたけど、ウィッグにしたの。

広告

知らなくて、ごめんね

息子同士は同じクラスだったものの、部活動が違ったため、あまり遊ばなくなっていた。

でも、連絡先は知っていたし・・・

なぜつらい時に力になれなかったのか。

中学3年生の夏から秋、彼女は息子の受験を考えてあげられなかったことを悔いていた。

乳がんってわかった時にショックで。
誰にも言いたくなかった。
若くても乳がんで亡くなっている人が多くて・・・。
悪いことばかり考えちゃうし。

抗がん剤が順調に進んで、医師からも順調と言われ、
体力の低下とかダメージが少なくて、
少し、よい方向に向かっていると言われ、
やっと話せるようになった。

広告

何かできることは・・・

息子同士は別々の高校に進学することになり、彼女と会う理由も見つからず。

彼女が職場復帰したことを風の便りにきき、ちょっと嬉しくて。。。

彼女のためにできることがないかなと考えた。

サポートするって難しい

彼女との関係性もあるけれど、彼女の生活や闘病にズカズカと立ち入ることはできない。

彼女が必要と思ってくれれば行けるんだけど。

彼女の性格として自分からは言わない。

フィッシャーズのもとき

次男が好きなユーチューバーに「フィッシャーズ」という若者たちがいる。

私も時々一緒に観るのですが、その中の一人の青年「もとき」さんが髪を伸ばし結っていた。

なぜ伸ばしているのか知らなくて、ある日の映像からはまた短くなっていた。

あぁ、ヘアドネーションしたんだよ。
がんの子どもたちのために寄付したんだって。

おぉ!!!
その手があった。

年齢制限は?

ヘアドネーションといっても、私はもう白髪だし、、、

髪も張りが無くなってきたけど・・・

調べたところ、白髪でも、染色しても、パーマをあててあっても大丈夫。

31㎝あればいい。

それなら、人生一度はやってみないと。

広告

やっと1年、10㎝ちょっと

ということで、やっと1年です。

延びたのは10㎝くらいなので、この調子だとあと2年間。

美容師さんとは相談済みで、あまり髪に負担をかけない白髪染にしています。

髪が伸び、周囲からも「伸びたね~」と言われるようになった冬。

今年の冬は暖冬ではありましたが、髪が首周りにあると、温かいという実感がありました。

せっかく伸びた髪ですが、今まで長くしてなかったからおしゃれにすることができないのが難点です。

ブーム再燃

そういえば昔は、ソバージュが流行ったなぁ~~~~~

バブル全盛期の1980年代、私たちの青春時代

みんながロングソバージュでしたね~~~~~~

平野ノラちゃんが見せてくれた肩パット、ボディコン、太い眉毛でロングソバージュ。

浅野ゆう子も石原真理子も今井美樹さんもみ~んなロングソバージュでした。

美容師さんがいうには、この頃もソバージュが再ブームらしいです。

ヘアースタイルをイロイロ考えるのも髪が抜けたばかりのがん患者さんたちを考えると

ちょっと罪悪感を持ってしまいますが。。。

あと2年間、のばし続けられるように気持ちをきらさずにいきたいです。

未分類

Posted by カトラ