住みたい場所

不登校, 未分類

天災の映像を見るのがつらい。

オレは瀬戸内気候の地域

今週、復習テストを控えている中学三年生の次男。

社会科地理の出題範囲は「日本」全体となっているようです。

オレさ、将来は瀬戸内海のどこかに住もうと思っているんだよね。

へえ~~~、
でもさ、あなた、魚が嫌いだし、フルーツも好きじゃないのに、なぜ瀬戸内なの?

そう、そこなんだよね、問題は。

気候の雨温図をみてると、瀬戸内気候が住みやすそうだからさ。
あと、時々高知県にも行きたいから瀬戸内の四国側がいいかなぁ。
あぁ、でも島根と鳥取にも時々行きたいって思うんだよね。

魚とか貝とか食べ続けられないから・・・
ふるさと納税とかして、返礼品で肉をもらえるようにすればいいか。

いやいやいや、
ここで食べる魚と、現地で食べる魚は味が違って、好きになるかもよ。

ふ~~~~~~~~~~~ん、
岡山か愛媛かなぁ。

おぉ、いいねぇ、お母さんは愛媛には行ったことないし、岡山は行ったとき忙しくて後楽園に行けなかったから、行ってみたいねぇ。

え?何それ。

日本三大庭園の一つ。

残りの2つは?

え? 兼六園と懐古園? 
いや違うか、
水戸の梅だよ。
(地理が苦手な親子です)

移住するときには事前にちゃんと調べなさい。

広告

コメの銘柄が

さてさて、東北地方の問題。

お母さん、うちのお米は何?

今は、友達のお家からもらった南信のお米。

そういうことじゃなくて、銘柄。

ん~~~~~~~~~~~~~普段は銘柄より、値段。

以前、おじいちゃんはコシヒカリ作ってた。

お米の味って、ちがう?

もちろん‼(ウソッ)
日本人なら米の味の違いが判らないとね。

へぇ~
あのさぁ、ココに書いてある「ササニシキ」って知ってる?
食べたい。

そういえば、この頃「ササニシキ」って聞きませんよね?

中学校地理の教科書にも、宮城県ではササニシキからひとめぼれに、山形庄内ではササニシキからハエヌキにその生産の主流銘柄が変わったと書かれているようです。

私たちの教科書では、お米と言えば新潟のコシヒカリは別として、「ササニシキ」がかなり上位だったと思うのですが、今はほとんどないようです。

実際、スーパーの売り場で見てみましたが、「ササニシキ」は見つかりませんでした。

ササニシキが栽培されなくなった理由もいくつかあるのでしょうが、それはわざわざ教科書には載っていません。

冷害に弱いササニシキが、冷害に強いひとめぼれにその座を譲り、各地から台頭してきた「あきたこまち」「きらら」などの新品種の出現に対応する品種改良ができずに衰退していったのでしょう。

教科書内ではたった数行でまとめられている東北地方の農業を読むだけで、この数十年の間に起きた自然の驚異だけでなく、コメ農家さんの苦悩と大きな決断、消費者の欲求、需要と供給などが一気に頭の中を駆け巡ります。

広告

教科書に載る

大きな事件や珍しい発見があった時などに「教科書に載るレベル」という評価が付くことがあります。

例えば、今回のコビット19についても、いつか歴史か何かの教科書に載るのでしょうか。

教科書に載っていることが必ずしも真実ではない

歴史は後世の人々が都合よく解釈することが多いため、歴史教科書については、その真実の有無について議論されることがあります。

一方、科学に関しては、新発見や新たな知見が出ても、その実験再現性や信ぴょう性の審査が厳しいイメージがあり、教科書に載ること自体で、信頼感が増します。

数学はゆとり世代の学習で、円周率=3.14だけど、計算をするときは「3」でいいよ!なんて中途半端なことして批判をあびていました。

悩ましいのは国語の現代文。

入試問題に採用された作者が、「主人公の気持ちの解答例と自分の思いは一致しない。私はこんなつもりで書いてない。」「私がこの入試にチャレンジしたら不合格になる。」などという場面を見たことがあります。

へぇ~、そうなの?とも思うのですが。。。

作者がそう思っていないのに、なんで作者の考えとか気持ちとかの正解があるの?

例えば、作者にしたら、若気の至りで書いた作品もあるし、人生の中で考え方だって変わるからさ、「作者の気持ち」に正解は難しいよねぇ。その書いたものが教科書に載るとか、入試問題になるなんて思って作品を書いてないだろし。

結局、国語の先生が答えってこと?

そんなところかもね。
これを読んだ人の多くが授業を通してそう思っているはず、とか「こういう解釈で読みなさい」ってことで、早い話、空気読めるかどうかってことだね。

だからか、
オレいつもみんなと同じではなく「むしろ普通ではない」感じで解釈してたから間違ってたんだな。でもさぁ、みんな同じように思うって、気持ち悪くない?
もともと人が考えていることなんて、わかるようで全部理解できることなんてないのにさ。
オレさ、「共感」ってできないんだよね。「みんな違う」が前提だから。

それだけはやめなさい

中学三年になって、英語の宿題が変わり、毎週末、英作文の宿題が出るようになりました。

1つの英文で書かれた質問が示され、それに対する返答を英語3文以上で書いて提出するというものです。

例えば、「好きなスポーツは何ですか?」など。

この前は、困った様子で日曜日の夜になっても英文が書けず悩んでいました。

どんな質問なの?

友達について教えろっていうんだけどさ、
友達いないって書いたら、「やっぱり」とか思われたり、「こういう友達です」って書いたら、そういうのは友達じゃなくて知合いです、とか評価されそうじゃん。もともとこれって、オレは、プライベートなことだからさ、先生が生徒にしてはいけない質問だと思うんだよね。

考えすぎでしょ・・・。

だから、オレは、この質問自体に対して抗議文を書きたいんだけど、先生を怒らせたくないし、どうしようかと・・・。

それはやめなさいよ。
なぜ、わざわざ、面倒なことをしようとするの?
例文みたいに、○○君のこと書いて、日曜日に遊んでますって書けばいいんじゃないの?

書きたくない。

心配だ・・・

テスト勉強のために使えばいい時間を、その英文を考えるために使い・・・

お母さんはテストの方が心配です。

その上、「アカデミックハラスメントでは?」なんて書いて英語の先生を不機嫌にしていないか・・・

まぁ、それはないか。

次男が書く英文は文法も単語もめちゃくちゃなので多分、意図が先生に届かない。

英語の先生が、こういう次男の性格を読んでくれればいいのですが。

不登校, 未分類

Posted by カトラ