思春期ニキビもマスクネ

健康

私自身が高校生時代にニキビに悩んだため、子どもたちもそうなるかも、と不安に思っていました。

まず、長男が中学3年生の頃から、時々、頬に赤いプツプツが出来ては治りを繰り返しましたが、高校生になったら治ることはなく、常に赤ニキビが頬のどこかにあります。

同じように、中学三年になった次男の頬に、急激にニキビが増えました。

マスクのおかげ??

コロナ禍の今、外出時にはマスクをつけるのが当たり前になっており、我が家も玄関に箱入りの不織布マスクを置き、外出時に忘れないようにしています。

ニキビ顔を隠すには、マスクはもってこいです。

しかし、不織布マスクは蒸れるし、ガサガサと四六時中、皮膚にあたっているため、ニキビを悪化させている様で、今話題のマスクニキビ、マスクネだと感じています。

マスクネ

「マスクネ」とは、マスクとニキビの原因菌でもあるアクネ菌を掛け合わせた造語です。
マスク着用時間が長くなっている今、肌トラブルも増えたことで、コロナ禍で初めてこの言葉を耳にした方も多いと思います。実は以前から長時間マスクを着用しなければならない職業に就いている方の肌トラブルと言われていたそうです。

マスクネの主な原因としては、マスクが皮膚に当たる接触性皮膚炎だそうです。
マスクの材質が皮膚を擦り、炎症を起こしているところにこの時期、特に、マスクの中の湿気が高くなり、皮膚のバリア機能が水分不足により起こり、そこに汗や皮脂が細菌を繁殖させ、炎症、吹き出物につながっている

不織布マスクよりはガーゼマスクの方が肌に優しいのかもしれない。
アベノマスクをするように勧めてみます。

とはいえ思春期ニキビ

マスクの接触により影響を受けているとはいえ、息子たちの場合、思春期ニキビであることに変わりはないので、早めの対処をしたいところです。

ニキビ痕の凸凹がある頬は、ニキビへの対処が早ければ避けることができるはず。

食生活と生活リズムからの働きかけとして、まず、長男の間食を止めさせたいと思い、家の中にチョコレート等のお菓子類は買わないようにしているのですが、長男自身がコンビニに行ってお菓子買っているのですから、お手上げです。

ならば、と思い皮膚科受診を勧めているのですが、皮膚科がいつも混んでいることと、ニキビが恥ずかしいと思っているのか、なかなか受診行動になりません。

病院に行かないとなったら・・・思春期ニキビに母親がどこまでできるんだろうか・・・。

広告

思春期ニキビ

思春期ニキビについて調べたところ。

<原因>
1.皮脂の分泌が盛んになる。
2.毛穴がつまる
3.アクネ菌が増殖する

<進行すると>
炎症のないニキビ(コメド):白ニキビ → 黒ニキビ

炎症のあるニキビへ:→ 赤ニキビ → 黄ニキビ →重症化するとニキビ痕が残る

<ニキビケアの目的>
1.今あるニキビを治す:炎症や化膿しているニキビは受診をお勧め
2.新しいニキビを作らせない

そのために大事なのは「やさしく洗顔」「保湿」
<コメドケアがポイント>
コメドとは、ニキビのはじまりである毛穴がつまった状態のこと。「白ニキビ」や「黒ニキビ」と呼ばれる。
コメドは毛穴がつまっているため、触ると肌がざらざらした感じがします。
コメドを放っておくと、コメドは炎症を起こした「赤ニキビ」や、化膿した「黄ニキビ」へと悪化します。つまり、ニキビのはじまりである、毛穴がつまった状態=「コメド」の段階で治すことがポイント。

二週間しても症状が改善しなかったら受診することを約束して、家でできるケアを始めました。

やさしい洗顔と保湿

薬局に行くと、思春期ニキビ用の洗顔料がいろいろありました。

お値段もいろいろですが、「やさしく洗顔」というところで、面倒くさがりの息子たちには「泡」で出てくるタイプのものをチョイス。

これで朝晩2回、なでるようなやさしさでしっかり洗顔。

保湿は…ドーンと入った「ハトムギ化粧水」を設置。

治療薬は薬剤師さんに相談。

中高生男子のニキビなんですが、既に赤ニキビや黄ニキビになっています。
ただ、もともとはアトピーなど肌が弱いこともありまして、ニキビ治療薬のどれがいいのかわからないので教えてください。

思春期ニキビにはイオウが入ったモノをおススメすることが多いのですが、肌が弱いとなるとコチラをおススメします。でも、合わなかったら、すぐにやめて受診してくださいね。

産毛剃り・髭剃りがネック

ニキビケアを始めて気が付いたのは男子たちの朝の髭剃りです。

せっかく洗顔はやさしく泡で済ませているのですが、髭剃りはおもいっきりニキビを傷つけています。

女子には必要なかった かなりの強い刺激を与えていることになります。

ニキビは傷つけない、できるだけさわらない、を原則にしているのに、

思春期男子のニキビを治りにくくしている原因はこれ(髭剃り)ではないか…?と思いましたよ。

かといって、いくらマスクをしているとはいえ、それなりに身綺麗にしていきたいお年頃ですから髭剃りはしますし。

ここが、難問かも‥‥。しかも、

顔の髭の永久脱毛したい

エッ?オレはしたくない。

今、その選択肢はない。
ニキビケアに集中か、受診か、だから。

生活リズム、食生活

もちろん、食事や生活リズム等も大事です。

テスト勉強のため?睡眠不足の子どもたち。

ニキビのケアは長期戦です。覚悟しつつ、日々、継続。

この頃ちょっと、赤ニキビが減ったかなぁ。

息子たちの経過はまた数週間後に書こうと思います。

健康

Posted by カトラ