子宮筋腫が大きくなっています

健康

女性の4人に1人は子宮筋腫があるそうです。日本婦人科腫瘍学会様のホームページによると子宮筋腫はできる部位によって下図4のように分類されるようです。

日本婦人科腫瘍学会ホームページよりコピー

私も2012年の人間ドックで初めて3㎝大の子宮筋腫が指摘されてから、毎年きちんと人間ドックで子宮頸がんの検査とエコーで子宮筋腫の経過観察の検診は受けています。私はすでに妊娠の希望はありませんし、幸い月経痛がひどいとか貧血などの困った自覚症状はなく、経過を見るだけでした。子宮筋腫は女性ホルモンが影響して増大するので、閉経になれば、これ以上大きくなることはないし、、、とも思っていました。40代半ばでそろそろ閉経になる可能性もあったからです。

ところが、毎年少しずつ子宮筋腫は大きくなり、ピンポン玉、鶏卵大、手拳大、そして2019年2月のエコー検査結果では直径10㎝大になっていました。実際、あおむけで寝転ぶと下腹部のポッコリした子宮に自分でも気が付いていました。

閉経っぽくなり、更年期症状に悩んでいる同年代の友人からは「子宮筋腫が大きくなるってことは、まだ女性ホルモンが活発なのねぇ、いいわねぇ。。。」なんていう冗談っぽいことを言われました(笑)。

閉経を心待ちにするとは、正直なところ思ってもいませんでしたが、毎年祈っていました。それでも今年の人間ドック後には要精密検査の結果をわたされたので、子どもたちを産んだ医師のところに十数年ぶりに相談に行きました。診察台の上で私のポッコリした下腹部を見て、「おやっ、本当にずいぶん大きいね。」と。

まずは、子宮筋腫か子宮肉腫かを確認する必要があると言われ、MRI検査をすることになりました。早い話、同じ子宮にできる腫瘍だけれど、子宮筋腫は良性、肉腫は悪性なのですぐに治療する、という説明でした。子宮筋腫でもあまりに大きくなると肉腫を疑うらしい・・・。

閉所恐怖症ではないので、MRI検査は苦痛ではなく、ウトウトし始めたころ無事終了。ただ、検査前の確認で「入れ墨(タトゥー)はありますか?」と聞かれたのは初耳でした。入れ墨に使う酸化鉄がMRI検査の磁場の中で発熱して火傷をする可能性があるから、入れ墨の大きさ等によってはMRI検査が受けられないこともあるそうです。看護師さんが「おしゃれのために入れ墨してしまって、いざ腫瘍の疑いでMRI検査が必要になった時、検査ができなかった人もいるのよ。」と言っていました。 タトゥー をする前に、このデメリットはちゃんと教えてあげないとね。

MRI検査:入れ墨(タトゥー)があると火傷するかも

さて、MRI検査の結果、84×143×103mm大の腫瘍でした。ただその画像から肉腫の疑いはほとんどなく、筋層内にできた巨大な子宮筋腫、という診断でした。まずは一安心。人間ドックでは子宮筋腫も10㎝を超えたら手術といわれましたが、私の先生は「困っていなければ様子見でいいよ。」というお考え。そりゃちょっと不便はあります。いつも下腹部が妊婦のように重いし、尿道が押しつぶされるのか尿が出ないことがあるし、腰も重痛いし・・・。でもでも、手術と天秤にかけたら、我慢します。

最後は、先生にとり上げてもらった二人の子供たちの成長をご報告して3ケ月後の受診を約束して終了しました。

もちろん、皆さんの子宮筋腫が私と同じように我慢してよいものではありません。特に、不正出血、貧血などの症状がある場合は、治療が必要だということでした。我慢してはいけません。婦人科は行きにくいけど、かかりつけを持っておいた方がいいですね。

健康

Posted by カトラ