更年期症状ホットフラッシュかな

健康

突然、体が熱くなり、汗がながれるほど出てくる。

これが、うわさに聞いていたホッとフラッシュかな。

寒い朝、犬の散歩をしている途中、ぶるぶる震えていたはずが、突然汗をかくほど暑くなる。

寝ているときも突然暑くなり、布団をはいだり、布団から足を出してみたり。

まぁ、寒いよりはいいけれど。。。と前向きにとらえてみる。

実際、毎年寒い冬季は、背中に「貼るカイロ」を常時貼っているのですが、今年は貼っていません。

いつホットフラッシュになって汗をかくかわからないから・・・

ホッとフラッシュかな

ホットフラッシュは更年期障害の代表的な症状ですよね。

ホットフラッシュが起こる原因は、卵巣から分泌される女性ホルモンである「エストロゲン」の分泌量が減少するから。エストロゲンは脳から(出して~)の指令で卵巣から(エストロゲン出します~)分泌されますが、卵巣に寿命が来ると、エストロゲン分泌ができなくなり閉経を迎えます。更年期はいわゆる卵巣機能が安定せずむしろ落ちていく時期。脳からの指令(出して)に卵巣が応えることができず(出せません・・・)にいると、脳からのホルモンは過剰に分泌(出せ、出せ・・)されてしまいます。その脳からのホルモンは血管、体温、発汗などの調節をつかさどる自律神経をコントロールしているので、この脳ホルモンの乱調が自律神経を失調させ、ホットフラッシュの原因になると考えられています。

更年期真っただ中の私なので違和感はないのですが、ただ、話には聞いていても自分の身に起こる時には、「これかな?」と正直戸惑います。

仕事中はマスクをしているので、顔のほてりや汗を周囲に気取られることは無いとは思う。

加えて、突然のホッとフラッシュに戸惑いながらも今のところは、数分でおさまるこの症状に「困る」ほどではないのでやり過ごしています。

簡易型の更年期障害のセルフチェック表を使ってみても・・・

点数を出してみても

食事や運動に気を付けて、ムリしないように・・・という判定。

まぁ、そんなところでしょう。

次回、婦人科を受診するときに、医師に話してみようかなぁという程度です。

不安に思うこと

一方、実は不安に思うこと。

外出時、ホットフラッシュになると発汗しても着替えられません。

すると、汗が乾かないうちに寒い中を歩いていると「ヒヤ~~」としてすっごく寒くなるんです。

途端に、風邪の症状を思わせる寒気、悪寒のような身震いしたりします。

このご時世ですから、風邪も怖いです。。。。

本当に風邪をひかないように、できれば重ね着や着替えのタイミングを間違えないようにしたいものです。

そうそう、

調べると、呼吸法やサプリなど、ホットフラッシュへの対応策もいろいろありますね。

大豆食品に含まれているイソフラボンは、エストロゲンと似た分子構造を持つと言われます。

豆腐や納豆は大好きなので、しばらくは欠かさないように食べようと思います。

広告

更年期症状を感じる人と感じない人

更年期の症状の出方は個人差が大きく、ほとんど症状を感じないまま更年期を終える人もいるんですよね。

一方、いくつもの症状に悩まされる人もいます。40~64歳の女性を対象に行われたアンケート調査では、8割以上の女性が「更年期に何らかの症状を感じている」と回答しているそうで、さらに、症状がつらくて、日常生活に支障を来すような場合を「更年期障害」といい治療対象です。

昨年NHKで観た番組内で驚いたのは、更年期世代の女性を対象に行われたアンケート調査です。
なんと2人に1人が更年期障害の症状を理由に「昇進を辞退したことがある」という結果でした。

キャリアウーマンでなくても、家事や仕事で以前だったらありえないようなミスをしたり、気力が低下して、これまでできていたことができなくなったりする人も少なくないそうです。

そういえば、子どもを出産した後しばらくの間も、私は「このままおバカちゃんになっちゃうのかしら・・」と思うほど判断や思考能力が低下した自分に落ち込んだのですが、あれもホルモンバランスによる影響だったのだと思います。

そうです、更年期の時期の不調や体力・集中力の低下、やる気の喪失は、「自分自身のせい」ではなく、「更年期のせい」です。何とか、必要な時は治療を受けるなどして、キャリアを諦めずに頑張ってほしいです。

でも、更年期の時期って、間が悪いことに子どもの受験や就職が重なったり、親の介護が始まったり、そして職場での責任が重くなったりすることがある時期と重なることが多いですよね。

そんなライフイベントが重なると、その人のもっている性格や考え方もそうですが、家庭や職場の環境などが複雑に絡み合い、症状に影響を与えるに違いありません。

実際、私も子どもの受験や親の介護のことで悩まされることが多い日々です。
その上、根が真面目な性格なので「自分一人で何とかしよう」と思い詰めることもあります。
知らないうちにストレスがたまりやすい性格だと思います。その上、いつもなら愚痴を聞いてもらってストレス発散するのに、今はコロナで会えないし、夫に愚痴を言うとこの頃は夫の愚痴の方が数倍になって帰ってくる(笑)。
夫も更年期なのか?

まぁ、お互いにお互いを、そして自分で自分を大事にしていこうと思います。

今日もグリーンルイボスティを飲みます。

健康

Posted by カトラ