お誕生日にラーメンを食べたいという夫

未分類

夫の誕生日でした。

本人の希望により、お気に入りのラーメンを家族で食べに行くことに。

次男もラーメン好きなのですが、お気に入りの店は違うようです。

この頃テレワークをしている夫は、昼食にラーメンの選択肢が無くなっています。

先日久しぶりの出勤時に、通っていた店に訪れたところ「閉店」していたそうです。

コロナ禍であおりを受けたのか?と思いましたが、店舗が入っていたビルの老朽化による解体のため、計画的な閉店だったようです。

いつかまた、その味に出会えるかもしれません。

時々食べたくなる

夫曰く、「定期的に食べたくなる味」があるそうです。

ラーメンの好みはそれぞれなので‥‥

とりあえず、今回は夫の意向を尊重。

夕飯時の来店なので混んでいることを覚悟しつつ・・・

おや?駐車場がいっぱいではない。

扉をあけると空席が見える。

お好きなテーブルにどうぞ~

コロナ禍のあおりでしょうか、お客さんが少ない。

以前は、夕飯時ともなれば家族連れでも多くにぎやかな店内ですが、本当に静か。

我が家4人以外はカウンターに1人、角の席に2人連れ。

全く会話の聞こえない店内…本当にラーメン屋なの?

おいしさ変わらず

注文するラーメンを決めている夫に合わすべく、メニュー表を見ながら早々に決め、

結局、いつもと同じ、長男はつけ麺、次男は醤油、私は塩。

いつもと変わらない味でした。

ラーメンで上機嫌な夫を見ると、まぁ、いいか、と思う。

広告

誕生日に食べたくなる味

以前、まだ私に子どもがいない頃、先輩ママと話したことがあるのですが、

食事やお弁当とか大変ですね~。

毎回きっちりなんてやらないよ。
ただね、子どもに「母の味」と思わせる1品とか、
「好きな味」を作りたいと思うのよ。
大きくなってから「あれ食べたい」と言わせる
っていうのが目標なの(笑)。
そういわれた時、きっと「勝った」と思えると思うの。

かれこれ20年近く前、今のように「冷凍食品」もまだレベルが必ずしも高くなく、コンビニにも種類が多くない頃の話です。

子どもに「母の味」を持たせたいという表現は、とても印象に残っています。

その方の愛情が「食」に表れている感じもしました。

その「味」というのは「おふくろの味」「慣れ親しんだ味」ということでしょうか。

ということで、夫にそれを聞いたことがあるのですが、「ない」というのです。

思い出の味とか、また食べたい味が、「ない」って。

確かに、義母は料理が得意ではないと聞いたことがあったけど

ふむぅ~~~~?私と暮らし始めてから既に20年近いけど、その中にもないの?

で、時々必ず食べたくなるのが「ラーメン」か‥‥。

なんだか、ラーメンに負けた感じが‥‥

未分類

Posted by カトラ