さださんのコンサートに行きたいなぁ

未分類

今年は6月13日の時点で松本地域はまだ梅雨入りしていません。

麦の穂がたわわに実り、麦畑が黄金色に染まる5月下旬から6月初旬、まさに「麦秋」。

世界各地で古くから食べられてきた麦。
大麦、小麦をはじめいろんな種類があるのですが、私は詳しく知りません。
パン、うどん、お菓子作りなどに使う小麦
ダイエットや便通のために食べるもち麦(大麦の一種)。
グラノーラやオートミールなどにするオーツ麦。くらい・・・

でも、「麦」って生きるとつながるんですよね。

風に立つライオン

↑「風に立つライオン」をイメージしてパシャ。
ご存知、さだまさしさんの「風に立つライオン」です。

小麦畑が一面に広がり、風にそよいでいます。
小麦がアフリカの乾いた大地にも見えてきて・・・

いや、我が家の犬で、ライオンではないんですけどね。

後に大沢たかおさん主演の映画も作られたようですが、それは観ていなくて・・・。
絶対、泣くとわかっていたので映画館に行くことができませんでした。

でも、この曲は好きですね~。

医療派遣で遠くアフリカへ赴任した、日本人の若い男性医師が主人公です。
この医師には、実話のモデルがいるそうです。

その彼が、日本にいるかつての自分の恋人が他の人と結婚することを知り、その彼女へ綴った祝福の手紙の文がそのまま歌詞になっています。せつない感じ、でも、いつものさださんらしく、感動を呼ぶ曲です

さださんは「風に立つライオン基金」も作って、海外で人道支援に力を尽くす人たちを「風に立つライオン」とたたえていましたね。

今はコロナ禍で、全ての医療・介護従事者などみなさんが「風に立つライオン」に思えます。

ひと粒の麦

さらに、さらに・・・

記憶に新しい、2019年アフガニスタンで銃撃されて亡くなった「ペシャワール会」の中村哲医師。

さださんは、中村医師を追悼した曲「ひと粒の麦~Moment~」も作っています。

ひと粒の麦」を大地に蒔くことから平和とか、生きることがつながっていくのかもしれない。

・・・

薬で貧しさは治せない

武器で平和を買うことはできない

・・・

実は、さださんが7月に長野市にコンサートでいらっしゃるんですよね。

行きたいとは思いつつ・・・
このコロナ禍、県内とはいえ、ちょっと遠出になるのでやめることにしました。

実は、息子たちの高校で、いくつかの部活が夏のインターハイ出場します。
もし、私がコロナに罹って、息子たちにうつしたらどうなるでしょう・・・

「麦」を見ながら、ちょっと世界のつながりなどを考えた今日でした。

未分類

Posted by カトラ