歯ぎしりはストレスが原因というけど、ストレスないと思うんだけどなぁ

健康

先日、夜中まで電気が消えない次男の部屋に様子を見に行くと、案の定、ベッドで既に爆睡中。

部屋の蛍光灯をOFFしないまま、ゲームか何かの途中で寝落ちしたのでしょう。

声をかけても起きる気配がないので、灯りを消して、部屋を出ようとすると

ぎぎぎぃぃぃぃぃ

何とも耳に障る音・・・歯ぎしりです。

アゴが痛い

実は、次男の歯ぎしりを聞いた時に、気が付きました。

私自身、時々、ものすごくアゴが痛い朝や、肩こりがひどいときがある。

もしかしたら、私、歯ぎしりしている?かも・・・

同じ部屋で寝ている夫に確認したところ、

若い時から時々歯ぎしりしてたと思う。
でもオレ、すぐ寝ちゃうし、オレのいびきの方がうるさいだろうし。

え?
若い時から???

まぁ、
でも、ホント、眠れないほどじゃないよ。

いや、もっと早く言ってよ・・・

いや、なんかストレスあって大変なんだろうなぁって思って・・・

これってやさしさなんでしょうか・・・

広告

次男の歯ぎしりの原因

歯ぎしり、と言えば、やはりストレスが原因なのでしょうか・・・

歯ぎしり自体、ずっと続けていると歯や顎、顎関節などに大きな圧力がかかるので、症状が悪化し歯や顎に影響がでるようです。

実際、私のアゴの辺りの筋肉痛っぽい痛みや、肩こりも歯ぎしりが原因かもしれません。

実は、次男は小学生の頃も歯ぎしりをしていました。

ちょうど歯列矯正に通っていたので歯科医にも相談しました。

歯がすり減っている様子はないし、アゴの辺りの異常もない、毎夜ではないので様子を見ましょう、と言うことになっていました。

高学年になり、子どもたちと一緒の部屋に寝ることもなくなったため、すっかり忘れていました。

この前、歯ぎしりしていたよ。
アゴの周りとか痛い朝とかない?

えっ?
まったく自覚ないんだけど・・・
オレ、何かの夢をみてその中で何かを悔しがっていたんじゃない?
まぁ、そんな夢の記憶もないけど・・・

いや、歯ぎしりと言えば、「ストレス」でしょ。
人知れず抱える「ストレス」が夜中の歯ぎしりに出るんだよ。
お母さんも歯ぎしりしているみたいだし。

普段、昼間でもつい歯を食いしばったり、歯ぎしりしていることはない?

全く、意識してないけど・・・
それは無いと思うよ。
ストレス・・・今は無いと思うんだよね。

原因はいろいろあるようです

歯ぎしりの原因は、枕の高さや、寝る前のブルーライトや、生活習慣の乱れとか、逆流性食道炎や睡眠時無呼吸症候群のような病気と関係があるとも言われています。

飲酒や喫煙、コーヒーなども交感神経を優位にすることからストレスになって歯ぎしりを助長させる要因と指摘されています。

日常生活で改善できる点があれば直せばいいし、病気の可能性については確認が必要です。

次男の場合、とりあえず、ベッドで寝る前にブルーライトを浴びないように注意すると言っています。

広告

歯ぎしりは止まらない

「歯ぎしりは止められないし、また、止めてはいけない」という考えが、あるそうです。

つまり、歯ぎしりは、脳が指令して起こる、ストレス解消のための行為だととらえられているのです。

歯ぎしりは、ストレスから解放されるための手段になっているということです。

無理やり、歯ぎしりを止めようとすると、逆に脳がストレスを感じ、歯ぎしりを悪化させる場合もあるというわけです。

性格的にはストレス発散をうまくできない人が歯ぎしりをしやすいと言われているようです。

ついストレス溜めがちな人の脳が、「ストレス発散」としての歯ぎしりをさせているのです。

どこが限界なのかはわかりませんが、そうやって「ストレス解消」ができていればいいんじゃないかな、と思ってしまいます。

本当にストレス解消になっている?かということですが、

日中知らないうちに「歯を食いしばっている」ことありますよね。これも「歯ぎしり」の仲間です。

したがって「食いしばり」もストレスの影響があると考えます。

「歯を食いしばって耐える」という通り、実際、強いストレスや苦痛があるとき、私たちは無意識に歯を食いしばります。

「 食いしばる」と、痛みを和らげる作用(鎮痛作用)を持つ、「βエンドルフィン」という物質が脳に分泌され、苦痛が軽減されるからです。

常時、強いストレス下にある人は、手っ取り早く、βエンドルフィンを分泌しようと、意識しないうちに食いしばるのが癖になっているというわけです。

ほどほどにしないと

じゃあ、脳のために「歯ぎしり」をしよう、という結論になりますか?

やはり、「歯ぎしり」というのは、歯やアゴにとっては悪影響ですよね。

歯ぎしりや食いしばりは、体重の約3倍の力が加わると言われています。

歯が削れたり割れたりすることもあるそうです。

また、「歯ぎしり」は私の夫のような寝つきの良い人でなければ、周囲の人にも迷惑になります。

ということで、できればストレス解消法を他に見つけた方が、歯やアゴのためによさそうです。

健康

Posted by カトラ