進路に悩む高3息子、

進路

高3の長男の進路問題は、夕飯時の話題になることが多いです。

今までも繰り返してきたことですが、とうとう結論提出の締め切りが近づいています。

長男本人は、時々担任に相談しに行っているようですが、

進路について担任と話し合う三者面談を2週間後に控えて、私は気が気ではないのです。

話すのは、模試の結果、大学のオープンキャンパスの情報、友人が目指す大学について・・・

いやいや、友だちの心配より、自分の心配してよ(笑)

オレと友だちのH君が選ばれた

息子は小さい時から「オレ様話(自慢話)」を時々します。

まぁ、かわいいものです。

小さくても、自分で自分を誇れる何かがあることはいいことだと思うし。

今日さ、現国の授業で、
「できるヤツ(成績が良い)から当てる」と先生が言って、オレと友だちのH君が指名されたんだよ。

↑サラッとオレ様自慢(笑)

長男は理系専攻クラスで、その集団の中では現国の成績が良いのです。

へ~~~、ってことは、
H君が現国の成績が1,2位ってこと?

そう、そういうこと。
オレさぁ、ずっとH君に勉強教えてたじゃん。
もちろん、現国も教えてたんだけど。
とうとう、クラスの中でトップに入ったってことだよ。
オレ、嬉しくてさ

えっらい、上から目線だけど、大丈夫?

いや、マジ。
まずは、現国の長文読解のコツを教えたんだけど、やっぱ、H君は地頭がいいからすぐマスターしちゃうんだよね。
今は、漢字の同音異義語で苦戦してるんだけどさ、これって漢字の書き取りではダメなんだよね。
熟語とかは、文章の流れで覚えるんだよ。
小説とかライトノベルでもいいし漫画でもいいけど、ストーリーの中で漢字に繰り返し触れると自然とその前後の流れで漢字がインプットされていくんだよ。
「トウキ」といっても
ゴミを「投棄」、株の「投機」、土地の「登記」っていろいろあるじゃん。
だから、今、できるだけ小説を読めって言ってるんだけどさ・・・

その例に挙げた「トウキ」って・・・
普通の小説にはそれほど出てこないんじゃないかな(笑)

H君さ、勉強の仕方さえわかればすぐに成績良くなるよ。

いや、友だちはいいから・・・
あなたの勉強の仕方とか、どうすればいいの?

実は、今日英語の授業の文章でさ、
人生には「熱量」が大切だと言われるけどそれだけじゃない、ってのがあってさ。
なんかつまんない文章でさ・・・
やっぱさ、人生って「熱量」次第だと思うんだよ。

ふ~ん、「熱量」??
「情熱」ってこと?

「熱量」ってさ・・・
オレのイメージでは、
ほら、モノには「エネルギー」があるじゃん、絶対的に持っているもの、価値みたいなものかな。
それが熱エネルギーだったり、運動エネルギーになったり、位置エネルギーになったりして表に出て役に立つような感じ。
で、それを引き出すためには、天秤のこっち側になにか引っ掛けて引き出す操作が必要になるとおもうんだけど、そのためのフックのついた錘みたいな感じ。
わかるかなぁ。
・・・
つまり、今のおれにはこの「熱量」がなくてさ・・・
オレの持っている価値をどうも動かせないわけ・・・

はいはい・・・
結局、やる気が出ないから受験勉強していない、と言っているわけね・・・
やる気はやっているとついてくるって言われてるじゃん。

やっぱさ、国語や小論文が試験科目に入っているところがオレには合っているよね?
何で理系は、英語と数学ばかりなんだよ。

「入りたい大学」と、「入れる大学」の扱いには注意してください。

ヤベー
日和るとこだった・・・

1時間以上いろいろな話をしていくところをみると、やはり、全く机に向かう気力もない様子・・・

1つの逃避行動ですかね。

親としたら、お尻を叩いた方がいいのかしら・・・

広告

まずは、いざオープンキャンパス

コロナ禍の影響で、去年からオープンキャンパスはオンラインが多いのですが

今年は対面式が可能になっている大学が多くなっています。

自宅からの距離感とか、その土地や建物や雰囲気にふれることで息子自身の気持ちも変わるかもしれません。

ということで、夏休みを利用して行くことができるオープンキャンパスの予約をとろうと思います。

さて、息子が通う高校では、今現在のところ「緊急事態宣言やまん延防止等重点措置」の出ている地域への往来には許可申請が必要です。

しかも、帰県後はPCR検査が求められます。

受験生の未来にもいろいろな形で影響してくる新型コロナ・・・

とはいえ、受験生の夏は待ったなしでやってきます。

進路

Posted by カトラ