ご近所の家族構成が変わってきた

未分類

我が家は、約30年前に出来た団地の一角にあるため、ご近所付き合いの歴史もおおよそ30年弱です。

実は、我が家は空き家にしていた時期も長かったため、実際のご近所づきあいも私が家族で戻ってきてからの約15年くらいです。

自治会も休止状態を復活した形だったので、入会金を払う必要が無くてよかったですが、

今、引っ越して自治会に入る時には6万円払うそうなので、びっくりです。

といっても、町会への入会金は、松本市で同額ではなく、町会によって様々で、世帯数の多い町会と少ない町会
とでは世帯数の違いから、入会金の掛からない町会もあれば数万円掛かる町会もあるそうです。

そりゃあ、町会に入らないという方もいますよね。

メリットがよくわからないですから・・・

お葬式の手伝い

私たち家族がもどってからの約15年間で、町会の同じ組の中で4名の方が亡くなりました。

30年前の団地創設されたころからお住いの方たちです。

昔からの習わしで、お葬式のお手伝い、主に葬儀会場の受付は組から出ていました。

私も2回ほどお手伝いに行きましたが、1件はリタイアされた方だったので弔問受付をしましたが、もうお一方の時は、受付は職場関係の方が来て、されていたようです。

そして、5年くらい前に亡くなった方と、今月亡くなった方は、いっさいお手伝い要請はなかったです。

家族葬ということでした。

挨拶回り

家族葬と言いつつ、同じ組のお家には、葬儀後、残されたご家族がご挨拶に回っておられました。

今回も、ご主人が亡くなったので、高齢の奥さんと息子さんがいらっしゃいました。

以前からの組の付き合いということで、1軒ずつ少額ですがお見舞金を出したお返しということになるのですが、

今後はこういうのもなくなっていくのだとは思います。

ご挨拶に来た、奥さんと顔を合わせるのは数年ぶりです。

まぁ、その奥さんとだけでなく、地域の清掃活動や集まりもコロナ禍で密になることはなく、隣近所とも疎遠です。

いろいろお世話になって・・・
ここの僕たちは、ホントにかわいくて・・・
よく、家にも来てお話をたくさんしてくれてね~
また会いたいよぉ。

と、奥さんは一緒に来た息子さん(他県に住む)に説明していました。

確かに、小学校低学年くらいまでは時間もたくさんあったので、近所をよくうろついていましたねぇ。

でも、あれから多分10年近く経っているし、息子たちもあのころの無邪気さはないですよ~

何だか懐かしい時間です。

その奥さんにとっても楽しい時間になっていたのだとわかりました。

ご近所のおばさまたちは、うちの息子たちをとてもかわいがってくれたので、時々会う息子たちの成長ぶりに驚いてくれるんですよね。

ほんと、ありがたい。

それにしても、私たちの組は13軒あったんですが、1軒が空き家になり、2軒が一人世帯になっています。

今回のことで、1人残された奥さんがどうするのか・・・

息子さんが県外から戻ってくる可能性が高そうです。

家族のかたちは変わるし、同時に地域のかたちも変わるんだなぁ。

犬たちも変わっている

そういえば、ご近所の犬たちも変わっています。

今は、家の中で飼うお家が増えているので、実際、どのくらいのワンちゃんが飼われているのかはわかりませんが、外で飼われていた柴系の犬やシベリアンハスキーなど、3匹はいなくなりました。

今は、犬の散歩中にばったり会って、「犬を飼い始めたんですね」とわかる程度。

小型犬ばかりでなく、大型犬に会うこともあり、びっくりです。

それでも、子犬は人間の子どもと同じで、無邪気に近寄って来て体を撫でさせてくれます。

私は「迷い犬になっても、連れて帰ってあげるからね~」と言って、さらになでさせてもらいます。

子犬ってホントにコロコロしてかわいい

もちろん、我が家の犬が一番かわいいですけどね。

未分類

Posted by カトラ