冬支度、ポリカーボネートで二重窓と内窓に挑戦

介護

10月に入っても今年は暑い日が続いています。

息子たちの高校では体育祭があり、真夏ではないと油断してしまい、思いっきり日焼けして帰って来ました。

マスクのひもの跡まで頬にクッキリ‼

例年、私は10月に入ると、築30年以上の我が家の冬支度を始めます。

こたつの準備はもとより、北側に面した部屋の窓への「プチプチ」の貼り付けです。

ということで、「寒露」にもなりましたし、早速今年も準備です。

寒露です

寒露とは、二十四節気のひとつです。

寒露(かんろ)とは、10月8~22日頃、夜が長くなり、露がつめたく感じられるころ。朝晩の冷え込みはきつくなりますが、空気が澄んだ秋晴れの過ごしやすい日が多くなります。夜空を見上げると、より美しくきれいに輝く月が見られます。

何となくですが、私は、この日までには庭のコスモスなどを片付け、冬の準備を始めるのですが・・・

今年はまだ、朝顔が今朝も2輪咲いています。なかなか庭の片付けが進まない・・・。

毎年のプチプチ窓

毎年、冬側の窓には断熱シート用のプチプチを貼っているのですが、春にははがします。

冬の間は、何とも見栄えが悪く、窓の開閉もできなくなっています。

まぁ、それでもよかったのですが、

今年は、ポリカーボネートを使って、内窓と二重窓に挑戦です。

まずは、子手試しに、トイレの小窓に内窓を作ってみました。

窓のサッシ枠の内側にもう一つ枠から窓をつける感じです。

枠となるレールとポリカーボネートをカインズホームへ買い出し。

資材売り場は朝7時から開いているので便利です。

8時頃出かけて、購入すると、「朝は飲み物がサービスですからどうぞ」と言われ、自販機の紙コップコーヒーをいただきました。

ガテン系の労働前にはありがたい1杯ですね。

採寸通りのカットは難しい

窓の大きさを巻き尺で測定して、材料のレールをカットするのですが・・・

枠に入れてみると、長かったり短かったり・・・

まぁ、私の性格は大工さんには向いていないことが分かります。

まぁ、自分家用だし、他人様に見せるところでもないので、OKです。

プラスチックのレール以上にカットが難しかったのがポリカーボネートです。

ポリカーボネートは、1種のプラスチック素材だと思うのですが、プラスチックダンボールよりも耐衝撃性や耐久性、透明度に優れた素材なのだそうです。

もちろん、その精度はお値段に比例するのでしょうが・・・

今回は失敗することも考慮に入れて、お安い方をチョイス。

3尺×6尺の大きさ(1枚1980円)から窓2つ分の4枚を切り出す予定。

カッターで切れるのですが、モノサシを当てて何度も行き来させて切る作業の繰り返し・・・

いつの間にか曲がっているんですよね・・・

しかも、切り口が鋭いためか、素手で作業してしまったので、あちこちに傷が・・・

今はどこに行っても入り口でアルコール消毒するので、この小さな傷がシミルんですよ。

それでも、二重窓の出来栄えはまぁまぁ。

窓枠にトイレの拭きシートや芳香剤をおいていたので、それも片付け。

トイレをキレイにしておくと金運アップと聞いたことがあるので、気持ちいいです。

二重窓

次に、お風呂は二重窓に。

つまり、既存のサッシの上に、両面テープでポリカーボネートを貼って、二重窓にするだけです。

お風呂場はカビなどが心配だから、あまりモノやカビの巣となりやすい場を増やしたくないですから。

採寸さえ間違えなければ簡単。

あとは、両面テープを「防水」のお高い方にしておいたので、その効果を期待したいと思います。

我ながら、なかなかいい感じ。

今年は冬場のカビが減るといいなぁ。

広告

次は実家のトイレと洗面所

実は、両親が二人で暮らす実家も毎年結露に悩んでいます。

プチプチをはったり、断熱シートグッズをいろいろ試したりしています。

今年は、私が二重窓を、設置してあげようと思います。

掃除もしないとね・・・

なんだかんだ、今週は設計図を書いたり、買い出ししたり、プチDIYで過ぎた1週間でした。

窓の大きさが決まっていたら、「キット」も売っていたので、それでの対応の方が簡単かもしれません。

それにしても、DIYもそれなりにお金がかかるので、お財布との相談でキットにするか、決めてください。

それ以外、DIYには労働による疲労感と私が一人で四苦八苦していても、夫は何一つ手伝いません。

というか、不器用すぎるのでお断りなのですがね。

↓トイレの内窓。

↑お風呂の二重窓を張り付けたところ。

介護

Posted by カトラ