神無月になる前に来年のことを神様にお願いしておきます

進路

皆さんご存知「神無月(かんなづき)」は旧暦の10月。

全国の神様が出雲大社に集まるため留守にするので各地では「神無月」、出雲地方では「神有月」というとか・・・

旧暦の10月は新暦の11月

実際に神様が出雲に出向くのは、旧暦の10月、新暦では11月頃になります。

ですから、出雲大社では旧暦に合わせ11月末頃に祭事が行われているのだそうです。

さて、出雲に集まった神様たちは何をしているのでしょうか?

おそらく、神議(はかり)をして来年の方針を決めているものと思われますが・・・

となると、神無月になる前に近くの神社の神様に来年のお願い事をしておかないと、その審議にかけてもらえないかもしれません。

お兄ちゃんの大学受験のことお願いしておかないと・・・

ということで、11月になる前に神社にお願いしに行きました。

七五三でした

我が家がおすがりしている穂高神社。

駐車場にはたくさんの車が。

そして、そこにはおめかしした子どもを連れた家族がたくさん。

そうでした、七五三の時期です。

お天気も穏やかで、着物や袴姿の子どもたち、よかったですね。

みんなも神様がいらっしゃるうちに七五三詣に来たのかしら?

菊花展のような展示もあり、華やかでした。

無事に参拝を済ませ、長男の合格祈願をしてきました。

境内の北側、駐車場のそばには、学問の神、全国天満宮の神とされている菅原道真公の菅原社があるので、もちろんそこもおまりして・・・

なんとか来月の神議にかけていただけるでしょうか・・・

留守番もいるそうです

では、「神無月の間、近くの神社に参拝しても意味がないの?」と思うところですが、

神様の留守を守る「留守神様」がいらっしゃるので参拝しても問題はないようです。

そうですよね、確か、我が家の七五三詣は11月15日頃に行きましたから。。。

来年は我が家で「厄年」対象はいないことを確認して帰路につきました。

もともと観光地の安曇野ですが、新型コロナの緊急事態宣言等が緩和されてから、本当に観光客が増えました。

長男の事ばかりが心配で、私自身、新型コロナ感染症の終息は願いごとに入れ忘れました・・・

きっと、多くの人たちがそのあたりはお願いしてくれてあると思います。

来年、いい歳になりますように。

進路

Posted by カトラ