エクオールは飲んでいるけれど、拇指CM関節症か?

健康

指の関節が痛い、という愚痴は以前にもかきました。

右手の親指と人差し指の第一関節が痛い、とか。

ヘバーデン結節を予防しないと、とか。

いずれにしても、女性ホルモンのバランスが崩れるために発症してくる症状ではないかと。

と言う考えの元、更年期による症状の進行を緩やかにしたいのでエクオールを飲んでいます。

一方、普段の姿勢が改善しない為か、頚椎症を繰り返し、

肩甲骨から肘の裏側へ、そして小指側までの痺れが出て、その治療もしています。

親指の付け根が痛い

頚椎症の治療のために毎週受診している整形外科に今週も行きました。

肩甲骨から腕の裏側、そして小指側の痛みやしびれは、随分治り、辛さはほぼなくなってきました。
けど、このところ、それとは別で、左手の親指の付け根が痛むんです。

レントゲン上では、思ったほど関節は悪くないので、痛みの原因はここのかな。
これは、整形外科的にはこれと言って治療法がないので・・・
レーザー療法しましょうか。

腱ってことは、使いすぎって感じですか?
レザー療法って・・・???

レーザー療法で、炎症を抑えて、痛みを軽くできると思います。

へぇ~~
レーザーってあのレーザーですか?

クククッ。
まぁ、赤い光のレーザーです。
ちょっと温かく感じますよ。

その時に、私の脳裏に浮かんだのは、先日長男が受けた「耳鼻科でのレーザー治療」です。

鼻の粘膜を焼いていくヤツです。

あの治療の後、長男の鼻からは信じられないくらいのドロッとした血の塊が出てきたり、膿のようなものが出たりしてました。

ちょっと温かいですって???
長男の時は、チリチリと粘膜を焼いていったわよ・・・
いったい、何をされるの?

リハビリ室へ行くと

指示された通りにリハビリ室へ行くと

椅子に座らされ、右手でペン型の照射部を持ち、そのペン先を左手の痛い場所に垂直に当てるように指示されました。。

自分で自分の手に当てるのですが、ずっと同じ場所に当てていると熱くなってくるので、少しずつずらしながら10分間。

看護師さんから、「目には向けないでくださいね」と言われました。

隣りでは、慣れた手際でオジサンが、自分の脚に当てながらずらしています。

じわ~っと温かいけれど、同じ場所だと熱くなってくる・・・

痛い関節の回りを甲側から始め、次に手のひら側からも当てて、2周くらいしたら10分が終了。

火傷などしてないし、全く体感的な異常は感じない、簡単な療法です。

しかも、

不思議です・・・その直後はさっきまであった関節の痛みがない

治ったのか?と思うほどでした。

しかし、この記事を書いている8時間後の今は、痛みが戻ってきています。

回数に制限は無いと言われたので、一時でもラクになるならまた、明日もレーザ-やってこようかな。

広告

拇指CM関節症ってカルテに書いてました

医師から直接「拇指CM関節症です」と診断名を伝えられはしませんでしたが、

目の前で書いているカルテには「拇指CM関節症」と書いていました。

先にも書いた通り、「思ったほど関節は悪くなっていない」そうなので、まだそれほど進行していないと理解しています。

拇指CM関節症

母指CM関節は、親指(母指)の付け根と手首の間にある関節で、親指の動きをコントロールしています。「曲げる・伸ばす・開く・閉じる・廻す」など、大きな動きをするため、負担の掛かる関節です。
 例えばドアノブを回す、ホチキスを使うといった動作で手首に近い親指の付け根に違和感が生じ、徐々に痛みは強くなるという症状です。これは、母指CM関節の軟骨がすり減り、関節の滑膜に炎症が起きることで生じており、進行すると、骨と骨が軟骨を介さず直接当たってしまい、痛みが強くなります。
母指CM関節症は、CM関節に生じる変形性関節症です。

手の使い過ぎや加齢が主な原因とされていますが、女性の場合、最近ではホルモンバランスの変化も関係すると考えられています。
関節の軟骨がすり減ると、関節を包む袋(関節包)の内側にある滑膜(かつまく)にはがれた軟骨のかけらが散り、滑膜の炎症や腫れを起こし痛みの原因となります。

女性ホルモンのエストロゲンは滑膜の炎症や腫れを抑えると言われ、更年期にエストロゲンが急激に減少することで手指のさまざまな痛みを発症すると言われています。
このため更年期が過ぎると症状が落ち着く人もいます。

レーザー治療は整形外科疾患に有効

レーザー機器の説明に書いてあるものを読むと

レーザー治療機器は交感神経・感覚神経の興奮抑制による炎症の抑制や、炎症性サイトカインの抑制による痛覚の軽減といった作用があるとされ、炎症による疼痛を和らげる物理療法です。

また、組織の損傷にともなう急性痛に対して、肉芽組織の形成やコラーゲンのリモデリングをすることで損傷の治癒を促して、痛みを軽減させ、慢性化を防ぐといった効果も期待できます。


詳しいことまではわかりませんでしたが、「痛みを軽減する効果がある」と書いてあり、実際、その照射直後は痛みが無くなっていました。

ふ~む、不思議です。

レーザー療法のことはよくわからないけれど、

皮膚科でシミ除去のためにもレーザー治療をすることがありますよね?

次回は、手の甲にあるシミにレーザーを当てたら、シミがとれるかな?・・・と思いついたけれど、

そんなことを医師にたずねたら、また笑われるんだろうな・・・。

いや、先生が私が理解できるように説明してくれたらいいんじゃないかな⁈

まぁ、とりあえず、変形など関節が悪い状態とまではいっていないので、

エクオールの効果と考え、飲み続けようと思いますが、

レーザー療法と言う味方になりそうな治療法を知ることができて、ラッキーでした。

健康

Posted by カトラ