久しぶりにおいしいブリの照り焼きができた年越し

未分類

あけましておめでとうございます。

2022年もどうぞよろしくお願いします。

お正月のおせちはもちろん今年も購入したお重。

とはいうものの・・・、今日は年末の料理の話です。

私が住む長野県は「海なし県」ということもあり、昔から魚は年末の年始に限らず貴重な食べ物だったでしょう。

そして、だからこそ、年末などのスペシャルな時には、魚料理はごちそうです。

「鯉」が有名な東信地区とは異なり、私の実家では「年取り魚」として「ブリと鮭」を食べます。

夫の実家の神奈川では「鮭」だそうです。

年取り魚

日本では、大晦日にご馳走を用意して、正月の“年神”さまを迎える準備をする風習があります。普段は食べられないような贅沢な食材も、この日に限っては「年取り膳」として食卓に上ったとか。その年取り膳に上った魚が、「年取り魚」と呼ばれる鮭(サケ・シャケ)や鰤(ブリ)。

各地域、家庭でそれぞれのやり方があると思いますが

一般的には、フォッサマグナを境に、東側で鮭、西側で鰤が親しまれてきたようですね。

長野県はほぼその境目と言うことで両方なのかな???

成長すると同じ川に戻ってくる鮭は、大きくなって“出世”した姿で田舎に戻ってくることから、縁起が良いとされているようです。

我が家の「年取り膳」に並ぶのは、「ゆで鮭」です。

新巻鮭や塩鮭として我が家に届く鮭をたっぷりのお湯で茹でるのです。

実際、茹で鮭はいい。汎用性があると思いますよ。

塩鮭のしょっぱさを程よく塩抜きしてくれるし、

もし仮にその晩に食べきれない場合、ラップして冷凍すれば学校が始まってからのお弁当にも使えます。

ポイントはゆでるときのお湯にお酒を入れてゆでるとふっくら茹で上がります。

ブリ

ブリは“出世魚”。成長とともに呼び名が変わる魚だから縁起がいいのでしょうね。

地域で多少違うようですが、小さいサイズから順に、「ワカシ」「イナダ」「ワラサ」「ブリ」と名前が変わっていきます。昔は12キロ前後のものでしたが、今は8キロ前後のものからブリと言うそうです。

さて、ブリの照り焼きを作るのですが、我が家ではなかなかうまくいきません。

時々まぐれでおいしくできる年もあるのですが、、、、

魚自身がいいのか、料理手順がいいのか、使った調味料がいいのか・・・

何がポイントなのか、毎年あてずっぽうです。

今回はおいしいブリの照り焼きを絶対に食べたいと思い、事前にスーパーの魚売り場に下見に行きました。

年末に「ぶりの照り焼き」は店頭に並びますか?

「ブリ」は並べるけど、1本丸ごとか切り身、だけ。
照り焼きはないねぇ。

え~、私、毎年失敗するから、、、
照り焼き」で売ってくれたら買うのになぁ。

ハハハ
こうゆう「照り焼きのタレ」で焼けば簡単だよ。

う~ん、なんていうかさ、すっごい「かたくてパサパサ」な感じになっちゃうの。

あぁ、それは「発酵食品」で漬ければいいよ。
ほら、塩こうじとかヨーグルトとか・・・
あそうそう、「甘酒、麹で作ったね。」
甘酒がいいよ。甘みが照り焼きを邪魔しないからきっとおいしい。

我が家の甘酒はこの頃酒粕で作っていたので・・・早速、米麴から作られた甘酒缶を購入。

1回練習してから大晦日に作ればいいよ。
こっちが天然モノだからね。

え~?天然モノの方が高いんでしょ?

いや、そうじゃないの。
養殖の方が、エサ代とか管理代とかもろもろかかって高いんだよ。
だから、とりあえず天然モノで試してみたらどうかな?
まぁどっちもおいしいけどね。

へぇ~~~~~~
では、とりあえず、天然の切り身で・・・

試しの時は、午後4,5時間ほど甘酒とジップロックで漬けてから夕飯用に焼きました。

おいしい。

年越し用は「養殖モノ」を購入し、前日晩から甘酒につけて焼きました。

うまい。

歯が弱っていて、昨年の硬いブリに閉口していた父が、今年はバクバク、ペロっと一切れ食べました。

確かに美味しかったです。

照り焼き用の味は「すき焼き用のタレ」を使いましたが、ふっくらできたのはやはり「甘酒」の効果だと思います。

スーパーの魚屋さんにお礼を伝えなくちゃ。

「甘酒」おススメです。

未分類

Posted by カトラ