やっちまった・・・共通テスト数学Ⅰ・A

進路

大学受験生がいるご家庭の皆さま、昨日までの二日間、お疲れさまでした。

大学入学共通テストへ送り出し、迎え入れ、という緊張感から解放されたと思います。

ただ、振り返るとこの二日間、それぞれの立場で予想外の心配も多かったですね。

ハラハラしましたよね・・・

我が家では高3の長男が共通テストを受けました。

1日目:社会、国語、英語

2日目:数学、理科

会場トラブルはないけど

幸い、息子の受験会場は、交通トラブルなく、教室環境も問題なく、二日間とも過ごせたようで感謝しかありません。

ところが、2日目のお昼頃、受験中の長男から電話がありました。

やっちまった・・・
注意されていたのに・・・
数学Ⅰと数学ⅠAを間違えていた・・・
終わりの10分前に気が付いたけど・・・

今にも泣き出しそうな声でした。

実は、数学Ⅰ数学ⅠAを間違える、というのは受験生あるあるというくらいによく耳にする話。

ですから、我が家でも当日朝の話題にもしておりました。

大丈夫だよ、模試で鍛えられているから。
間違うわけないじゃん。

と、朝は大口をたたいていた長男でしたが、実際には緊張してしまったんでしょうね。

う~ん、しかたない・・・
仕方ないことは仕方ない。
今は、それを考える時ではないよ。
今は、次の数学ⅡBだけを考える時。
ほら、今日の運勢にあったじゃん、
流れに乗れ流れに身を任せろ」って。
今は、目の前の事だけを考える。
大丈夫だから、結果はうまくいくようになっているから。

まぁ、いつもの私なら「ほらぁ、だから注意しろっていったじゃん!!」といいそうなもの。

それを言わなかった自分を褒めたいくらいです。

兄ちゃんらしくないね

実は、その電話の最中、隣りには次男がいました。

いつもの兄ちゃんなら、そういう時も、一日が全て終わり、家に帰って来てから「やっちまった」と言いそうだけど・・・
途中で、電話してくるなんて、らしくないね。

あっ、そういえばそうだね。
やっぱ、共通テストは緊張感が違うんだろうね。
お母さんの対応は良かったかな?
冷たかったかな。

いつもの兄ちゃんじゃないから、どう受け取るかわからないけど、ココで聞いていた限り悪くなかった。冷静でいいと思ったよ。

次男に慰められ、長男の帰宅を待つことに・・・

全てを終え、午後7時過ぎにホッとした表情で帰宅した長男を囲み、夕飯を食べました。

その後、お風呂から出た長男を、次男が自分の部屋に誘い、何やら夜中まで楽しそうな笑い声が聞こえてきました。

きっと、ゲームをしていたのだと思いますが・・・・

次男もかなりこの数日ストレスを感じていたようでしたから、ホッとしたのでしょう。

でも、受験はおわっていないんですよね。

今日は登校して自己採点、そして仮判定、出願、私大受検、前期受験・・・

などなどこの先も受験生を支えるストレス生活は続きます。

広告

電話してくれて嬉しかった

振り返ると、「やっちまった」電話を受けたときの私の気持ち。

母親としては「嬉しい」と感じていました。

長男自身も「どうしようもないこと」「自分のミスであること」「国公立入試に影響がある」などはわかっているのです。

母親に電話しても、傷口に塩をぬられるか、慰められるか、のどちらだろうということもわかっていたでしょう。

普段の私ならば前者。

一方、担任への信頼も厚いので、担任の顔もよぎったでしょう。

担任ならば感情ではなく、冷静に対応してくれることも想像がつきます。

それでも私に電話してくれたんですよね。

自分が苦しい時に人に頼ったり、母親に甘えてくれたことにほっとしています。

そう、だからやはり、

大丈夫。結果はうまくいくようになっている。

進路

Posted by カトラ