人生の残りが21日間だとしたら

スピリチュアル, 介護, 健康

以前も引用したことがありますが、

スティーブ・ジョブズの有名なスピーチ、2005年にスタンフォード大学での学位授与式での、卒業生に送ったことば。

「もし今日が自分の人生最後の日だとしたら、今日やる予定のことを私は本当にやりたいことだろうか?」

それに対する答えが“NO”の日が何日も続くと、何かを変える必要があるなと気が付くわけです。

死は生が生んだ唯一無比の、最高の発明

ガン告知を受け、人生を違う視点から見つめることになった彼だからこそのことばでしょう。

「残された時間を精一杯、己に素直に生きろ」という強いメッセージが感じられますね。

毎日を当たり前ととらえず大切に生きなくちゃなぁと教えてくれます。

自分のワークとしてやってみたら

自分を見つめ直すためのワークとして

「人生の残りが21日間だとしたらあなたは何をしますか?」という課題があり、この数日間考えました。

少し前にも同じような課題を考えたことがありましたから、

家族と旅行に行く。
遺言を書く。
親・姉に別れと感謝を伝える。
友人に手紙で感謝を伝える。
荷物、家、庭の整理。
と、前回と同じように出てきました。

他人の目を気にする私らしく、立つ鳥跡を濁さずって感じです。

ところが今回、それ以外に2つ出てきたんですよ。

一つは、仕事を最後までして人々に奉仕したい。

もう一つは、動画配信したい、です。

自分でも驚きましたが(笑)

さらに、今回書きだしたその課題に対するアンサーが、

その答えこそ、あなたが人生をかけてなすべきことである。」と言われました。

おや?私のなすべきこと・・・もしかしてYouTubeなどで配信すること???

いやぁ、本気か私?

えっと・・・

年内目標に頑張ります・・・・か?。

広告

取り乱しすぎ?

自分で自分の回答に驚きつつ、

次男に、「残りの人生21日だったらなにする?」とたずねてみました。

えっ?死ぬの?
病気になるってこと?

そうかもしれないけど、身体的な制約は全く感じないと考えていいよ。
とにかく、時間だけが限られていると仮定して。

え~~~~~~~~
何かなぁ~~~~
就活してもなぁ・・・
・・・・・・
旅行とかやりたいこともないしなぁ。
・・・・・・
これといって、何もしないような気がする。
・・・・
ただ、もしも目の前に何かのきっかけがあったら普段ならしないようなこともかなり積極的に行動すると思う。

ふむふむ、納得。

なにしろ、石橋を叩いて叩いて渡らないような次男です。

そうよ、慎重なのもいいけれど、もうちょっと動け、「やってみろ、そこから考えろ」ということよ。

ということは、次男自身、かなり自分で自分をわかっているのかもしれません。

実は、お母さん、動画配信したいと思ったんだよね。

えっ?なに?本気?
死を意識しすぎて取り乱してない?

そっか、つい取り乱したのかな・・・

広告

いちょう葉の効果は?

話は変わりますが、先日、実家での話。

また、この定期通販来たんだけど…
もう辞めるって言ったはずなんだけど。
辞めるにはどうしたらいいのかや?

それは、母が20年くらい飲み続けているサプリで、3ケ月ごとに届く定期購入の「イチョウ葉」です。

当時はイチョウ葉のエキスが認知症の症状改善に効果があると話題になり、かかりつけ医から勧められて始めたようです。(本当かな・・?)

通販でよくある定期購入です。

全ての通販がそうではないと思うのですが、

申込が簡単なわりに、解約方法が分かりにくい、です。

「マイページ」などネット上で解約できるものもありますが、解約方法自体の表記が無いものやわかりにくいものがあります。

で、結局「○○(メーカー名) 解約方法」みたいな言葉でネット検索をすると、たいてい誰かが記事にしてくれてあります。

そして多くが「直接電話してください」とあり、しかし、電話をしてもなかなかつながらない。なんてことよくあります。

母親みたいな高齢者には対応できません。

結局20年近く、3ケ月ごとに8000円程入金していたわけです。しかも、

これね、ちっとも効かないと思う。
ずっと飲み続けたけど、、、

ん~なんとも、飲み始めた頃は物忘れがひどくなり、友人との約束自体を忘れることもあり「物忘れ外来」を受診したころです。

どうも、本人の感覚的にはこのサプリを飲んでも効いてる感じはなく、どんどん認知症が進んでいる自覚しかない、ということらしいです。

幸い、母親が購入していたメーカーは悪徳ではなかったようで、電話するとすぐに対応してくれました。

もしよろしければ、購入を辞める理由を教えてください。

そうですね、年金生活で、高齢になり医療費がかかりすぎてサプリ購入自体が厳しくなってきたからです。

違う違う、
効かない、効果がないって言って‼

きっと、聞こえてる・・・・

実際、厚労省のホームページでも確かにイチョウ葉については認知症への効果は認めていないようです。

いかなる健康状態についてであれ、イチョウが有用であるという決定的な科学的証拠(エビデンス)は存在しません。一部の研究ではイチョウが認知症の症状をわずかに改善させることが示唆されていますが、この知見は信頼性が低いと考えられています。また、ほかの研究では相反する結果が得られています。イチョウは、認知症または認知機能低下を予防することはできず、アルツハイマー病に関連した認知症の悪化を予防することもできませんでした。

https://www.ejim.ncgg.go.jp/pro/overseas/c04/25.html

でも、結局20年間、母は毎日「効果がない」と思いつつも飲み続けてきたわけです。

冒頭のスティーブ・ジョブズのコトバに従ってみると、

効果がないと感じているサプリをお金を払ってまで口にする行為は本当に自分がやりたい事なのか?

Noでしょ。

「変える必要があった」はずです。

今から20年前の60代当時の母ならメーカーに電話して中止することが出来たと思います。

ただ、母には「人生の残り時間」「医師のコトバではなく自分の直感を信じる」という視点がなかったんですよね。

人生の残り時間を考えることで日々を大切にする自覚をもつことが大事だと認識をあらたにし、さらには

普段、何気にしていることで自分の直感を抑えていること(不感症になっている?)はないだろうかと考えてみることが大事ではないかと感じた我が家のイチョウ葉事件でした。

ただ、母がまだ60代の頃から「認知症予防」を考えてサプリを飲み始めた気持ちも、なんだか共感します。

スピリチュアル, 介護, 健康

Posted by カトラ