今年も半年終わり、茅の輪くぐりしてきました

スピリチュアル

2022年ももう半年が過ぎましたね。

今日は7月1日で、昨日6月30日には所要があり参拝できなかったので、今日になって

自身の穢れや厄災を祓い清め、この先半年の無事を祈る茅の輪くぐりを穂高神社でしてきました。

暑い日が続いています

6月中に梅雨が明け、暑い日が続いています。

少しでも涼しくなろうと美容院で髪を切りました。

いつもの美容院ですから、話が弾みます。

昨日は行けなったので、
先ほど、茅の輪くぐりに行ってきましたよ。

私の友人は昨日、たまたま神社のそばを通ったら、神事をやっていたので参列してきたって、写真をLINEで送ってくれました。
あの輪っかを茅の輪って言うんですね。
その友人は市役所に「離婚届」を提出した後だったんだけど、
その神事を見ていたらすごく心がスッキリしたって言ってましたよ。
茅の輪くぐりって、どういう意味があるんですか?

えっ?離婚届???

えっと、茅の輪くぐりは、毎日の生活の中で身についた罪穢れを祓い去り、神様からいただいたままの清き心に立ちかえり、無病息災とかを祈る伝統行事で、神社で6月と12月の末日にやるんだよね。

意味は知らなくても、その彼女がスッキリしたというのは、離婚が成立して今までのゴタゴタを片付けて新スタートって感じで、本来の神事の意味に合っているんじゃないかな。

それにしても、離婚かぁ・・・

茅の輪くぐりってそういう神事なんですね~。
それにしても、その友人は30年近い婚姻関係を解消したんですよ。
旦那が原因の熟年離婚ってヤツです。

・・・いろいろあるんですね。
それにしても、そういうドラマのようなことがこんなに近くで起きているんですね。

熟年離婚・・・・

私、離婚届の保証人になったので、一言いったんですけど・・・

離婚はしても、30年間のうちには、子供二人を授かって幸せだったり、楽しい思いもいっぱいあるでしょ。
お互いに感謝のコトバは出てきたのかな?って。
そしたら、お互いに無かった、というんですよね。
「そういう思いやりがある人だったら、多分離婚していない」って言ってました。
「思いやり」って大事だななぁってつくづく感じましたね。

それにしても、偶然ですが、彼女にとってはちょうどいいお払いになったわけですね。
茅の輪くぐりについて、彼女に伝えておきます。


とにかく、今年も残すところ今日からあと半年。

日々、思いやりを持って過ごしてまいりましょう。

広告

長男の誕生日

今春、進学して一人暮らしを始めた長男の誕生日が来ました。

一緒に誕生日を祝ってやれないのは今年が初めてです。

昨日、食料や衣類とプレゼントを詰め込んだ荷物をプレゼントがわりに送りました。

ことしのプレゼントは「ネックレス」です。

息子ですが、ネックレスが欲しいと言っていたので、探してみました。

実は、プレゼントを買う前の数週間は、街中で息子と同世代の男子がネックレスをつけているかどうかを観察していました。

すると、休みの日は、見かけた半分くらいの確率でネックレスをつけていました。

「案外、男子のネックレスはありなんだなぁ」

しかし、どれがいいのか・・・・

ネックレス売り場を数か所回って迷っている時、若い女性もネックレスを見ています。

あの~
少々、おたずねしたいのですが・・・
若い女性から見て、男子のネックレスはどう思います?

あぁ、今、けっこうみんなつけてますね。
シンプルな感じなら全然ありだと思いますよ。

シンプルって・・どんな感じですか?

そうですね~
チェーンだけのモノとか、ドッグタグみたいなモノとか・・・

ほうほう、どこで売っているかわかりますか?

2軒先のお店なら以前、あったと思いますけど・・・
一緒に行ってみますか?

いえいえ、そこまでお世話になるわけには・・・
2軒先なら行ってみます。
いろいろありがとうございました。

早速、教えてもらったお店に入ってみると、何となくそれっぽいのがありました。

お値段も手頃だったので購入して、今回、息子に送りました。

あぁ一件落着。

息子からの反応はまだ届きませんが、よく考えたら、あの教えてくれた若い女性、とても親切な方だったのでもっとお近づきになっておけばよかったかも。

息子は、ネックレスよりもその女性を紹介した方が喜んだだろうなぁ。

あぁ、私、イヤな姑になりそう。

スピリチュアル

Posted by カトラ