犬は人間を変える⁈

未分類,

我が家で犬を飼い始めて7年。

犬の散歩デビューの頃は、「かわいいねぇ」なんて声をかけられ

犬をきっかけに知り合いになった方も多いです。

そして散歩の時間帯が一緒だと、毎回合う場合もあります。

その中のひと組、数年前からよく対面する定年はすでに過ぎているであろうおじさんと雑種犬。

初めて話した時に教えてくれたおじさんと犬との関係。

  • その犬は保護犬(メス、雑種、当時5歳くらい)である
  • まだ家に慣れておらず脱走することがある
  • おじさんは70歳くらいで足腰が痛くて散歩がたいへん
  • おじさんの家で犬の散歩ができるのはおじさんだけ(引っ張る力)
  • 毎日散歩から帰るとおじさんがお風呂に入れている(でも、外飼い)
  • 犬は家族の中でおじさんにだけ心ゆるしている(おじさん談)

なぜ、おじさんがその犬を飼い始めたのかというと

おじさんの息子(40歳代で仕事忙しい)が引き取ってきたから仕方なく、とのこと。

犬との出会いのきっかけはそれぞれですね。印象的なのは、このおじさんの変化。

犬との出会いは人間を変えることもある、その一つを書きます。

呼んでも来ない犬

我が家の弟犬。気弱な性格のせいか、

強そうな犬には吠えないけれど、自分よりも弱そうな犬には吠えて向かっていく。

おじさんの連れているその犬は柴犬くらいの大きさだけれど

ちょっと控えめな感じで弱そうに見えるから、案の定、

我が家の弟犬が、すれ違いざまに吠え立てて驚かせたことがあります。

その瞬間、スルッとおじさんのリードから離れ、逃げだしてしました。

かといって遠くに逃げ去ることはなく、2,30メートルのところにはいる。

我が家の犬だけ自宅に戻し、私はおじさんと一緒に犬探しを手伝いました。

遠くに逃げないので姿はあるもののおじさんが一生けん命に犬の名前んでも来ない。

私が後ろから追い込み、おじさんと犬の距離が数メートルになっても捕まらない。

おじさんは自分の足腰が痛くてつらそうだったけど、格闘すること1時間。

なんとか、犬を連れて帰っていきました。

雨の日も風の日も

我が家の犬はトイプードルで、その毛質のせいで、私は雨の日の散歩はしません。

柴犬やコリー犬のような、身をブルブルッとさせて水気を飛ばせる毛質とは違い、

濡れた後に毛を乾かすのが一苦労なんです。。。

生乾きにしてしまうと、その後は「生臭いニオイ」になってしまうし。

しかし、そのおじさんと犬は雨の日も風の日でも散歩しています。

しかも、日に2度以上も散歩させている日もあります。

おじさんが万歩計を付けていたらおそらく、毎日1万歩はユウに超えているでしょう。

広告

おじさんがまっすぐ歩いてる

2,3年経ったある日、おじさんがとても健康そうに見えました。

初めて会ったときは腰が曲がり、いかにも膝や腰が痛そうだったのに

姿勢がまっすぐになり、足取りも早く、スリムになって元気に歩いています。

もちろん、犬との距離感も近づいた様子。

犬がおじさんを歩かせる

おじさんの健康増進に犬との散歩が大きく影響していることは一目瞭然。

おじさんの話だけだと、「息子が保護犬を相談もなく連れてきた。」ということだったけど、

おそらく息子さんは「定年後の父親を心配して、運動させるために犬を連れてきた。」のではないかと想像します。

そして、当初からおじさんがその犬のことをかわいがっていたのは、

息子さんが連れてきた犬だという理由もあったのでしょう。

最初は、名前を呼んでも戻ってこないような犬だったのですが、

犬が先に歩いて後からおじさんが引っ張られながら後ろからついていく以前の散歩風景とは変わり、今は一緒に歩いています。

SNOOPYの名言会話が聞こえてくる

皆さまご存知のスヌーピー。

そこには名言が多く、奥深いものからクスッと笑うものまで。

私の友人も大好きで、時々教えてくれます。

その中で、おじさんと犬の姿を見ていてぴったりの会話があります。

チャーリー・ブラウン
「もしぼくらの役割が入れ替わったらどうかな…もし君が主人でぼくが犬だったら?」

スヌーピー
「ぼくが主人だとばかり思ってたけど…」

実は、犬の方が人間のことを考えてくれるご主人だった・・・?

広告

犬を飼う理由

おじさんとその犬の関係をみてクスッとしましたが、

私自身もスヌーピーのお話で、ドキッとした会話があります。

それは、スヌーピーの飼い主(?)チャーリーブラウンとその親友ライナスの会話。

チャーリー・ブラウン
「人はなぜ犬を飼うんだろう?」 

ライナス
「安心のためじゃないかなあ・・・ 世界中で少なくともひとつの生きものだけは自分を好きだと知ることの安心感」

私、これには図星感があり、ドキッとさせられました。

子育ては自立して生活できることを目標にしているので、いつか離れることを前提にしていますが、犬たちとは最期まで一緒だよ、という気持ち。

私が動けば一緒についてきて、帰ってくると喜んで尻尾を振りながら喜んで迎えてくれる。

犬からの「感謝」「信頼」をモロに受けられる日々は、私の幸せです。

猫を飼う理由

犬から「感謝」や「安心」という見返りを受けながらいる私ですが、

なついてくる犬をみて、ふと思います。

こんなにかわいい犬を飼う人よりも、

今は猫派の人が増えているとか。

猫は人間に媚び売ってこないのに、なぜ猫を飼うの?

猫の飼い主さんは相手からの感謝という見返りより、

自分が与える」ということに幸せを感じる人なの・・・?

未分類,

Posted by カトラ