時間が過ぎるのが遅いと感じる時は私の居場所ではないかも

お金, スピリチュアル

光陰矢の如し・・・。

月日の過ぎるのは本当に早いです。

そして、年を重ねるにつれ、一年の過ぎ去るスピードが速くなっている感覚もあります。

今年も始まったばかりと思っていたのに、1月ももう月末です。

この勢いで、今年も過ぎていくのでしょうか・・・。

日々忙しい

私は午後4時間の仕事ですが、その時間にすべてが集中している感じで、

気が付くとそろそろ終業時間・・・という感じです。

もちろん、月末月初が超忙しく、2週目は平易といった日々の業務量の差はあります。

楽しい時間は早く過ぎる⁈

楽しい時間や集中している時間はあっという間に過ぎてしまうし、

イヤイヤしている仕事や退屈な時などは、時間経過を遅く感じます。

ですから、

日々、仕事の4時間が過ぎるのを早いと感じている私はおそらく、

集中して仕事処理していたために時間経過を短く感じていたのだと思います。

自分で言うのもなんですが、

決して仕事を楽しいと感じていたわけではないんですよね。

集中して、何も考えずに処理していると時間は早く過ぎていると感じます。

しかし、1週間が長い」と感じています。

私は平日出勤なのですが、

「月曜日だぁ」から始まって、・・・

「まだ、今日は水曜日だぁ」・・・・

「やっと金曜日だぁ」で終わる。

この頃、こう思っている自分自身がしんどくなってきました

広告

仕事はしんどくて当たり前??

「仕事はしんどくて当たり前、給料は我慢料。

給料をもらっているのだから、苦労して当たり前。」

昔は↑こう言われることに違和感を感じなかったし、

その通りだと思っていました。

若い時は1日中、仕事のことで頭がいっぱいだったし、仕事が日々の最優先事項でした。

でも、この頃、「そうでもないなぁ」と考えています。

仕事上のミスは私の幸せのために

先日、仕事で大きなミスをした話を書きました。

以前の「完璧主義で自己評価の高い私」だったら、数日間ショックで落ち込んでいたはずです。

しかし、今回、息子たちに慰められたこともありますが、

全くと言っていいほど落ち込みませんでした。

もちろん、翌日の職場では「シュン」とした演技はしていましたよ。

しかし、その姿とは全く違うところで私自身は「幸せ」をかみしめていました。

つまり、子離れできていない母親(私)が息子たちから優しい言葉をかけてもらって有頂天になっていたんです。

だから、翌週、上司から呼び出されて

落ち込まなくていいですよ。
ミスは職場の財産です。
次の人がミスをしないようにできるから・・・

などと、慰められたのですが、私自身とはかなりの温度差を感じました・・・

「え?何のことでしたっけ・・・?」

私の人生にとって、あのミスはそれほど大きくないんですけどぉ。

いや、「あのミス」というよりも「今の仕事」自体が私の人生において重要と感じていないのかも。

広告

自分の居場所?

「仕事」という考え方にもよりますが・・・

私は現在、お金を稼ぐために「仕事」をしています。

今の「仕事」自体は「きらいな業務ではない」という基準で選びました。

夫も同じことを答えたので笑ってしまいました。

仕事は、手っ取り早い収入だから。
人生でやりたいことはあるし、それが出来るならやりたい。
でも、
息子たちの学費など今の家庭状況から考えると、オレは仕事を辞めるわけにはいかない。

え?イヤイヤ家族の犠牲になっている、という気持ちでしているのならその仕事は辞めてほしいなぁ。

いや、オレは「犠牲」とは思ってないよ。
それを選んでいるのはオレ自身だし。
まぁ、実際、辞めたいほどイヤな仕事とか悪い職場環境だとは思ってないし。
運がよければ、今の職場で「やりたいこと」ができるかもしれないし。

へえ~~~~~~~。
「やりたいこと」って何?

日々大きくなる違和感

夫の話はさておき、

私は、今の職場は「産休代替」要員なので3月末で契約終了になります。

実は、上司からはその先の慰留も求められたのですが、3月で辞める、と伝えました。

冒頭にも書いたのですが、仕事中の時間は集中しているのであっという間に過ぎるのですが、

1週間や1ケ月で考えると、時間の流れが遅く感じるのです。

時間の流れが遅い感覚といっても、あの「ゾーン」とは違います。

アスリートが「ゾーン」に入ってスローモーションのように見えるといいますけど・・・。

私の場合、

また同じことの繰り返しを1週間しなくちゃいけないのか・・・・

まだ月曜日・・・やっと水曜日・・・

なんというか、積み重ねのない仕事で自分の成長や変化もない感じ・・・。

誰かも言っていましたよね、

「現状維持」=「退化」

「現状に満足している」は、学びや変化、成長を止めることです。

これはもはや、私の居場所ではない私が感じている、としか思えません。

ですから、

「辞める」と伝えてからは気分がグンと軽くなりました。

私の人生で転職は何度目だろう・・・・

あぁ、また年老いた両親に、非難されるんだろうなぁ。

コロコロ仕事ばかり替えて‥‥まったく

女だって仕事は続けなくちゃダメよ。

はいはい、仕事はしますよ、これからも。

お金, スピリチュアル

Posted by カトラ