更年期症状緩和のためにエクオールを飲み始めたら月経がきました

健康

更年期と思われる症状がここ数年、いろいろ続いています。

月経の乱れやホットフラッシュ、目の渇き、そして五十肩や頚椎症や記憶力低下など。

そして、この頃は、手指関節の痛みが気になってエクオールを飲んでいます。

更年期のゆらぎ

この頃は、更年期をゆらぎ期と呼ぶそうです。

つまり、一般的に更年期と言われてきたこのゆらぎ期も、閉経前後の10年間のことをさすようです。

実際、閉経前後は女性ホルモンのバランスが変わるため、今までとは違った身体の変化が起きる不安定な時期で、心身への不安定さを指してゆらぎ期と呼ぶようになったようです。

まぁ、更年期と同じくくりで考えると、日本人女性が閉経する平均年齢はおよそ50歳ですから、いわゆる「ゆらぎ期」が訪れるのは45歳から55歳と言っていいのでしょう。

しんどいけど…早く来い

私には、10年以上育てている(?)子宮筋腫があります。

すっかり大きくなり、赤ちゃんの頭位の大きさで、下腹部にポッコリあります。

婦人科や人間ドックで定期的に確認しているのですが、生活に支障がないため、

貧血等の症状もないし・・・
手術で摘出するより、
閉経になるのを待ちましょう
閉経になったら、子宮筋腫は大きくならないので。

はい。
早く、閉経来ないかなぁ。

つまり、私は「閉経」を待っているのです。

更年期の症状はしんどいこともあるけれど、閉経が早くきてくれればこの子宮筋腫の成長を止められるから。

まさに、閉経をめぐって気持ちがゆらぎます。

広告

調節ができたらいいのに

ゆらぎ期、つまり更年期は、エストロゲンという女性ホルモンの分泌量が乱れながらも急激に減っていくため、各種不調などの症状が起きてくるわけです。

このホルモンって、心身に大きな影響力があるのに、自分で調節できないっていうのが厄介ですね。

その分泌量や期間を自分で調節できたら、けっこううまく対応できる気がするんですけどね。

まぁ、更年と呼ばれる通り、それはずっと続くわけではなく、いつか終わりがくる。

つまり、ゆらぎ期の不調はずっと続くものではなく、急激な女性ホルモンの減少に身体を少しずつ慣らしていく期間と考えるべきなのでしょう。

そういう中で、エクオールなどイソフラボンサプリメントなどを利用したり、自律神経を整えるための運動をしたり、が提案されているわけです。

ただ、エストロゲンの変動や不調の程度は人によって異なるから、自分にあったケア方法を自分でみつける方がいいはずです。

調節できていない

最初にも書きましたが、この頃気になる手指の症状。

ヘバーデン結節にすすんでしまうのではないか、という心配が強くて、その対応としてマッサージをしたりエクオールを飲んだりしています。

すると、

手指の関節の痛みは強くなってくることはなく、むしろエクオールの効果ではないかな?と思っていました。

しかし、一方で、

月経がまた来たのです(ガックリ)。

閉経したかどうかの判断は、一般的には「1年以上生理がない」ことが目安になります。

そして、私も昨年秋くらいから半年以上、生理がなく、

このまま閉経になって子宮筋腫の成長もとまるのかなぁと、期待していました。

それなのに、エクオールを飲み始めたら1週間程で、生理が来ました

しかも、翌月も「キチンと」今までの周期通り、生理が来たのです。

といっても、エクオールが直接、生理の再来に影響しているのかは確証はないのですが。

まぁ、とかく、思うようにはいかないものです。

まさにこう言った体のゆらぎ気持ちのゆらぎを繰り返しながら女性の体は変化していくのですね。

やはり、子宮筋腫は婦人科受診、そして、手指の痛みにもう少しエクオールを続けてみようかと思っています。

ゆらぎ期が終わる頃、なかなか上手く乗り切ったなぁとか思えているといいなぁ。

健康

Posted by カトラ